チーズ&コントラバス 大好き!

アクセスカウンタ

zoom RSS よくあることかもしれないけど・・・

<<   作成日時 : 2010/07/13 22:32   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

副ゼミの先生にも研究の相談をしたところ、主ゼミの先生と意見が分かれてしまいました・・・。

副ゼミの先生の意見では
テーマが大きすぎ、問いは細かすぎ。
最初の気づきを研究のキッカケにするのはいいけど、そこにこだわりすぎ!という意見。

そして、今の段階でフランスに行くべきではない、そんな時間や余裕があるなら、研究を固めるための参考文献をひとつでも多く読むべき!という意見。
なぜなら、いろいろ読むべきフランスで出版されたフランス語の文献があるわけですが、それは日本にいても手に入るものばかりでフランスに行かなければ手に入らないものではないから。

今後はフランスじゃないと手に入らないものも出てくるでしょうが、今の段階では日本で手に入るもので十分ということ。現地でのフィールドワークより、フランスの歴史、教育に関することからテーマや問いに接近すべきであるという意見だったのです。

うーん。
正論。正論すぎて、反論できんかった。

でも、主ゼミの先生にフランスに行くべきだと言われたんですが・・・と言ったのですが、「フランスに行く必要はないでしょう?」と畳み掛けられてしまいました。

確かにまだフランスで現地調査という段階ではない、まだ吸収しなければいけないことが多すぎる。それはわかっているのですが。
そして、私のテーマに近いのは、副ゼミの先生。だから、具体的な研究に関しては副ゼミの先生の意見を参考にしたほうがいいのもわかっているのですが。

うーん。
よくあること、と言われてましたが、ついに主ゼミと副ゼミの先生が真っ二つにわかれるということを体験。

どうしたらいいんだ〜、主ゼミの先生はもう海外にフィールドワークに行ってしまって、会えないし。

でも、いろいろと冷静に考えて、まずは、副ゼミの先生のアドバイス、勧めてもらったフランス語の文献を読んでみることから始めることにします。
そうするうちに、見えたり、私の研究の方向性や問いがはっきりまとまってくると信じて。
今はまだかなり曖昧だよ・・・と副ゼミの先生に言われてしまった。

入学前と進歩してないってことね。
というか、授業についてくの必死で、研究に関してゆっくり考えたりする余裕がなかった。

まだこれから夏休み前までに2つのフィールドワークとそれに関わるレポート提出、他に文献読んでのレポート提出など課題がたくさんありますが、それを終わらせて、じっくり自分の研究に向き合う。フランスに行くかどうかはその後、自分で判断したいと思います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まず基本的なことを確認したいのですが

博士後期に進む予定の学生と前期で進む予定の学生とではテーマ設定の仕方、渡仏をするか、修士論文審査など
すべてが違うので、私はまず指導教官にそこを確認されました。

修士のたった2年の期限で、大きいテーマは大雑把で論文の体をなさない可能性があるし、本文献の読み込みもないままだと自分の思い込みでエッセイみたいになってしまう、などなどは私もよく注意されています。

今後、進学するかしないか。まずを明確にしてみればいかがですか?
いたる
2010/07/17 07:36
いたるさん

アドバイスありがとうございます。
私は博士課程まで進むつもりです。
主ゼミの先生にも副ゼミの先生にもそのことは話してあり、いいんじゃない、頑張れ!と言っていただいています。

だから、今後何年もかけてでも追求したい大きなテーマを持っています。修士ではそのテーマの中で、どこまでやるかってことになると思います。

主ゼミと副ゼミの先生でスタンスが違うのは、それぞれの先生のお考えの違いもありますが、とにかく現場主義、フィールドワーク命の社会学と、文献調査が中心の社会言語学というそれぞれの専門分野のスタンスの違いもあると思います。

私が所属する社会学研究科は何度フィールドに足を運んだか、が割と評価の中心になったりしますが、社会言語学や文学、思想系ではそういう評価軸はないので・・。

とりあえず、文献を読むことをまずは頑張って、それからこの夏休みの間にフランスに行って調査を行う必要があるか見極めるつもりです。
anyako
2010/07/17 10:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
よくあることかもしれないけど・・・ チーズ&コントラバス 大好き!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる