チーズ&コントラバス 大好き!

アクセスカウンタ

zoom RSS パリ5日目

<<   作成日時 : 2010/09/27 10:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

パリ5日目です。残り滞在期間もだいぶ短くなってきました。パリの街にも少しずつ慣れてきました。

朝、ホテルで「サービス」と書いてあったので、ホテルの朝食サービスへ。するとパンは全て売り切れ。仕方ないので、シリアルで朝ごはん。

そして、いつもとは違う通り、「病院大通り」を通ってイタリー広場に出ます。途中、すごい大きな子供たちのキャーキャー騒ぐ声がしたので、そちらを見ると、小学校がありました。
男の子、女の子と別の扉から入るようになっていました。大きな頑丈な扉があるので中の様子は全く覗けず。それにしてもすごい声。今後、ここを通る度にこの大声を聴くようになるのですが。

そしていつものようにLES ECOLESでバスを降りる。ここから、前回訪問時は土曜日で学生の姿があまりなかったので平日の大学はどうかな?と、まずソルボンヌへ。
すると・・・全ての扉の前に警備員が立ち、一人ひとりに声をかけています。かなり警戒しています。学生じゃないと入れないようです。観光客が警備員に道聞いたりしてましたけどね。

そしてまたその目の前のルイ・ルグラン高校へ行ってみる。今度は生徒の姿はほとんどありません。しかし、ここの入り口の前で座り込んで勉強する女子学生がいました。また友達同士で一緒に入っていく女子学生の姿も。

中の様子が窓越しに見えたので覗いてみましたが、やはり学生の姿はなく。中に多くの人の名前が刻まれていました。今までの卒業生の名前なのかな?ガラスが光ってよく見えませんでした。

そして今度はその隣のコレージュ・ド・フランスへ。本当はここの講義を受けてみたかった!ブルデューが教えていた学校だし。でも、私の滞在期間は講義がなかったのです。この学校は、誰でも講義を受けることが出来るのですよ。それがすごいと思う。超一流の先生の講義を誰でも直接受けることが出来るだなんて!

それが無理でも中を見学できないかな?と思い、先日はとじていたけど平日になったから開いた受付へ行ってみた。そして、受付の男性に「私はここを見学してみたい。中に入ることは出来ますか?」と聞いたら、きっぱり「NON!」と怖い顔で断られてしまった。そこで、仕方ないので「プログラムはありますか?」と聞くと、黙ってプログラムを渡してくれました。なんか、ちょっと怖かったです。怪しかったかなあ、私。

ここでお昼になったので、LES ECOLESそばのモノプリでサンドイッチとレッドブル買って、店内の飲食スペースで昼ごはん。すると、目の前で、普通の身なりのおじさんの物乞いを見ました。このモノプリの前をずっと行ったり来たりしながら通りがかりの人にお金をくれ、とねだっていました。全員、断っていました。そうか・・・こんな普通のきちんとした身なりの物乞いか・・・と思いながら見ていました。

そのままバスに乗って、またまたいつものポンピドーへ。
そして17時くらいまで勉強し、そのままこの日は、上にある美術館に行くことにしました。
せっかく毎日ポンピドー来ているんだし、私が現代アートに目覚めたキッカケである美術館に行きたい!と思ったのです。

いつも図書館の休憩スペースから眺めていたチューブ型のエスカレーターで向かいます。
最初の展示スペースで、新婚旅行のときにも見た、人形やレースなどで作った大きなちょっと不気味な人形に再会。そしてこのときの展示はELLESというテーマで、女性たちをテーマにした展示でした。広島をテーマにしたものもあったけど、なんかちょっと中途半端。反核というメッセージにはなってないような気がしました。

そして以前来たときは疲れきっていて夜遅かったこともあり、上のスペースでやっている常設展は行かなかったので、今回は行ってみます。
すると・・・すごい見ごたえあるんだ〜とビックリ。こんなにたくさんの作品があるなんて!
こっちの美術館はどこもそうですが、順路とかないから、どういう順番で見てまわれば全部見れるのかわからなかったりする。あまりにたくさんの小部屋に分かれているので、全部見てまわれたかな?と思ってまた戻ったり。すごくたくさん歩きました。

マチスが多かった気がする。ピカソもたくさんあったけど。
カンディンスキーでも好きな作品を見つけました。
また、マルセル・デュシャンの作品もたくさんあって嬉しかった。エルンスト、ルオーなどでも印象的な作品にたくさん出会えました。

もっとゆっくり見たかった!でも、夜暗くなってからホテルに帰ることは避けたい。というわけで2時間程度でザザッと見ました。これがたった10ユーロで見れるなんて!

外の景色も高いところにある美術館だからよーく見えました。外にもいっぱい彫刻作品があったり。遠くエッフェル塔やサクレクール寺院などを眺めながら美術作品を見る。とても素敵な場所です。
最上階にはレストランもありました。
景色のいいおしゃれなレストランで、カップルが多かったです。テーブルには一輪の大きな赤いバラが飾ってあって。

とりあえず全部見て、19:30頃出てきました。
外側から図書館の中身を見る、という普段と逆の行動をしながら、バスでホテル近くのイタリー広場まで帰ってきました。

この日は夕食を近くの中華料理店で取る、と決めていました。
前日に会った友人たちが、そこでご飯を食べたのだけど、とても美味しかった!とオススメしてくれたから。そして私もフランス料理に飽きて、中華、すごく食べたかったからです。
ホテルから徒歩1分程度の場所にありました。
そして、到着したのは20時頃だったのですが、すごーく混んでいました。

いきなり、ニーハオ!とあいさつされ、中国語でまくしたてられた私。慌てて、フランス語でお願いします、と言ってしまいました。そうだよね・・・この顔で一人できたら、やっぱり中国人だと思うだろうなあ。

麺を頼もうとしたら、女の子が顔を曇らせて「やめたほうがいい。あなた一人で食べきれる量じゃない」と言われる。仕方なく、じゃあ、どれならいい?とメニューをめくっていると「チャーハンなら大丈夫」と。そこでチャーハンと、特に美味しそうだった白菜の餃子を注文。あとウーロン茶を。

周りはほとんど中国人のグループで、上海蟹とかいろんな料理を頼んでワイワイ楽しそう。そこで一人、寂しく食べた中華。でも美味しかった!!すごい満足でした。
気づくと、外は暗くなっていたので、慌てて食べて帰りました。

いくらここからホテルまで徒歩1分とはいえ、この店がある病院大通りはとても大きな通りですが、そこから一本入った寂しい通りに私のホテルはあり、その通りに入ると、道端で寝ている人とかちょっと危なげな人がたくさん転がっているからです。

そしてまた疲れきって、ホテルに帰ってすぐに寝てしまいました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
パリ5日目 チーズ&コントラバス 大好き!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる