チーズ&コントラバス 大好き!

アクセスカウンタ

zoom RSS パリ3日目

<<   作成日時 : 2010/09/22 11:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

まだ風邪治りません。明日、後輩の結婚式なのに。何とか早く治したい・・。さて、パリ3日目。

この日は、まず夫が所望している「アニス飴」、アニス風味のキャンディー探しからスタートしました。初日から様々なスーパーで探したのですが、見つからず。以前、友人が「カジノ」というスーパーで買ってくれたので、ホテル近くの「HYPERカジノ」に行ってみることにしたのです。

ナショナルの駅を左折して向かうと・・あれ?ナショナルの駅のあたりは地下鉄でも地上を走っており、高架になっているんですが、その下でマルシェやってる!行きたい〜。でも、まずはカジノへ。

カジノがあるのは、大きなマンションの1階。やっぱり、ちょっと荒れている感じの場所。そして、カジノの前は朝なのに酔っ払ったような目付きの怪しい人がウロウロ。そのうちの一人の男性に声かけられるが、ろれつ回ってないのでヤバいと思って聞こえないフリ。

カジノに突入。大きい。ゆっくり見たい〜けど時間ない。ので、まずはまっしぐらに飴のコーナーへ!と思ったら、いきなり中年女性に「署名してください!」と紙を見せられる。でも内容がよく理解できなかったので「わからないの。旅行者なので、ごめんなさい!」と言って逃げる。

すると、次にかわいい若い女性が「デギュスタシオン(試飲)しませんか」と声をかけてくる。
VITAMINWATERという商品のプロモーションらしい。
なんとなく立ち止まってしまう。
そこで商品説明を受ける。そして、どの味に興味ありますか?と言われたので「CITRON」というと、それを飲ませてくれた。しかし・・・ぬるい・・・ぬるいせいか、微妙な気がする・・。
でも、「美味しい?」と聞かれたので何となく「ウイ、美味しい」と答えてしまう。

すると、うれしいそうに「ありがとう!」と言って、私はそれを買わないのに、キーホルダーのようなものをプレゼントしてくれました。

そして、スーパーなのに充実したチーズ売り場を横目に見ながら、飴のコーナーへ。おお、目当てのもの、ありました。ここで見つけた分、買ったほうがいいのだろうと5袋も買いました。それしか買わず。レジのおばさまに「あれ?5つも同じの買うの?全部同じよ」と笑われてしまった(笑)

結構、重い。一袋250グラムだし。そしてそれを持って今度はマルシェへ。このまま出かけるつもりだったんですが、こんな重い飴持って出かけられないから一度ホテルに戻ることにしたのです。だったら、冷蔵庫もあるんだし、マルシェで美味しそうなもの買っちゃおう♪と。

しかし、顧客は正直ですね。
同じような品揃えの野菜屋さん、魚屋さん、あるのに、そのうちの一つのお店だけで大行列。ここが美味しいと知っているんですね。ナショナルのマルシェなんて有名じゃないし、地元密着なのだろうから、ここが間違いないのだろうと私もそこに並びました。

選んだのは枝にいっぱいついたトマトと黒いぶどう。巨峰みたいなやつ。
ツウぶって、「あ、ぶどう、もっと大きいのがいい」とか注文つけてみました(爆)

それを持って一度ホテルに戻って、すぐにまた外出。

またまたバスでLES ECOLESへ。この日はソルボンヌ大学とその向かいにあるルイ・ルグラン高校というリセを観に行こうと決めていたのです。ルイ・ルグラン高校。超エリート校です。ここ出身の有名人はほんとに多い。
ユゴー、ボードレール、クローデル、デリダ、デュルケーム、ブルデュー、シラク、ドガ、ドラクロワなどなど。挙げきれないほどです。
エリートと言われる生徒たち、学校の雰囲気を知れたら、と思って。

時間はちょうど昼どき。昼休みなのか、土曜日だからもう授業が終わりなのか、ちょうど生徒たちが続々出てきて、前の歩道に溜まっています。
そばをゆっくり通り過ぎながら観察。

タバコ吸う生徒もいたり、白人系だけではなくいろいろな人種がいるみたいです。みんな背中にカジュアルなリュックを背負って、ジーンズ、パーカーという格好。女子生徒も多いです。ザ・エリート!!みたいな雰囲気は特になし。
ほんとは会話を聞き取りたかったけど、その場に私が佇むのは相当場違いで不自然なので、諦めました。

そして、今度はルグラン校のとなりにあるコレージュ・ド・フランスへ。ここは私が好きな社会学者ピエール・ブルデューが教えていた学校。レヴィ・ストロースなどもここで教えていたのです。というわけで、ちょっとミーハー的に中を覗いてみようと思ったのです。しかし、土曜日は休み。仕方ないので、また来ることにしました。

その後、近くにあるHarmattanという本屋(有名な出版社でもある)で文献探しをしようとしたのですが、フランスらしく昼休みを取っているのでお休み。しかたないので今度はエリートが行くグランゼコールであるエコールノルマルシュペリウールに行ってみることにしました。

歩いて行くと、パンテオンに到着。こんなに大きい場所だったんだ〜。ここは有名観光地?なんですよね。多分。たくさんの観光バスが停まってました。
そしてその前にサンジュヌヴィエーブ図書館というのを発見したのですが、学生証など証明書がないとダメということで断念。

更に歩くと、ルイ・ルグラン校と並び称されるエリート校、アンリ4世校というリセを発見。こちらもフーコー、モーパッサン、アンドレ・ジッドなど多くの有名人を輩出。そして建物もかなり立派。学生の姿はほんの少ししか見られませんでした。勝手なイメージで男子が多いようなイメージがあったのですが、こちらも女の子の姿を多く見かけました。

その後もフラフラ歩いて、エコールノルマルシュペリウール発見。
校舎がいくつにも分かれていました。
入ってみたかったけど、入れないみたいで、断念。学生の姿も土曜日だからか、男性を数人構内に見た程度でほぼ見られず。

その後、本屋に戻って、Harmattanへ。目当ての本を告げると「ああ、こっちじゃなくて、あそこの角にある支店にあるよ」とそちらのほうに案内してくれました。そちらに行くと・・・本が高い高い天井の上のほうまでびっちり。はしごがあちこちにありますが、上るのはほぼ不可能。それくらい高いところにあります。
でも、ザックリとではありますが、分野別に本が置いてあるので、興味ある棚をじっくり見ました。ここだけで一日過ごしてもいいかもと思えるほどいろいろな本があり、面白かったです。もちろん、自社出版の本もたくさんありますが、他の本もたくさん。ここは全部新刊のみです。中古は中古の専門店があるので。

そして本を選んで買いました。ここに寄る前にソルボンヌ大学の前というかクリュニー中世美術館のそばというか、そういう場所にあるCompagnieという本屋にも寄ったのですが、ここも新刊の本屋でなかなかステキです。見やすく、客も少ないのでゆっくりじっくり選べます。

さすがにおなかすいたので、カフェに入ることに。初の一人カフェです。
クリュニーそばのマクドナルド向かいにある「LE PETIT CLUNY」へ。最初に好きな席に座ったら「一人?じゃあ、こっちに移って!」と移動させられてしまう。両方とも二人席なのに。。そして定食もあったのですが、他の人が食べているのを見ると、とても一人では食べきれそうになく、マッシュルームのオムレツを注文。あと水はカラフドー(水道水!)を。パンがついてきましたが、とてもそちらまでは食べられず。

終わったあと、デセールは?とギャルソンに聞かれましたが、その前に私の近くに日本人新婚カップルらしき二人が「チョコレートケーキ2つ!」とたのんでいて、そこに置かれた巨大なチョコレートの塊を見て、絶対無理と悟ったので、「デセールはいいので、コーヒーを!」とたのみました。
ここでは支払いが15ユーロ以上じゃないとカードは使えないと言われ、現金で払うが、お釣りが明らかに超細かい小銭で返ってきて。重い・・。

その後、いつも通り、ポンピドー図書館に行って、本を読んで探して。帰りにモノプリに寄ってポワラーヌのくるみのパンを買いました。300グラムで4・5ユーロ。これでも日本で買うよりずっと安い、んでしょうか。

帰ってきて、ホテルの部屋で買ってきたもので晩ご飯。既に飽きてきた。日本食、恋しい。珍しいことに。まともなもんが食べたいよ〜!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おかえりなさい。ちゃんと風邪を治して、万全の態勢で飲みましょう!ところで、何か弾いてくれるんですか?
koddy
2010/09/22 12:49
koddyくん
いよいよ明日だねえ。
風邪、完治はしそうにないですが、薬飲んで頑張ります。飲みは頑張らないよ(笑)代わりに飲んでもらうからね〜!!
誰か何か弾くの?船までベース持ち込み???
まあ、いずれにせよ、楽しみだね♪私は超久々の披露宴出席です。
anyako
2010/09/22 17:06
チャレンジャーですね〜。

海外で飲むぬるい飲み物がちょっと怖かったです(笑)。

きりん@携帯
2010/10/05 23:03
きりんさん

やっぱ、チャレンジャーですかね、私(笑)

どうして海外の飲み物はぬるいんでしょうかね。
アイスコーヒーとかってないですものね。
だから、あんなにパリでスターバックスがたくさん出来ていて流行っているのか?と思いました。

水道水、おなか壊す人も多いようですね。
私もやや味は気になるけど、おなかは平気でした。

それよりも、私の感覚で、ですが、トイレで手を洗う場所で、そこの水をごくごく飲んでいたり、それをペットボトルに入れて飲んでいる人を多く見かけて、そのほうが驚きでした。トイレの水。。別に同じ水道水なんですが、それを飲料水としてごくごく飲むというのが私的には抵抗感ありました。
anyako
2010/10/09 11:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
パリ3日目 チーズ&コントラバス 大好き!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる