チーズ&コントラバス 大好き!

アクセスカウンタ

zoom RSS パリ8日目

<<   作成日時 : 2011/03/30 11:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

パリ8日目です。3月11日。この日、日本で大変な災害が起こるなんて、想像もしていなかった私。

この日は午前中にVと学校前で待ち合わせ。

まず1時間ほど先生の事務室みたいなところで研究に関する相談。いろいろアドバイスをもらう。内容はしっかり録音させてもらった。

その後、授業。前の日の授業の続き。同じクラスのメンバーたち。またVの熱い講義を聞いた。

そして、その後、本屋巡りをしようと思い、カルチェラタンに行く。ジベールジューヌに行って、Vに紹介された本のタイトルを見せて照会するも、ここにはないと言われ、2つの他の本屋を紹介される。

そのまま近いし、行こうと思ったが、どうも体調が悪い。フラフラする。疲れが出たんだろうか。吐き気もする。このままじゃヤバいと思い、一度帰ることにする。バスで最寄りバス停まで移動。

何となく、早いから、アパルトマンの向かいにある大きな教会に寄って見ることにした。目の前にあって毎日通り、毎日ここの鐘の音を聴いて過ごしているのに、一度も立ち寄っていない。

そういえば、私が到着する日ここの教会でフランスの有名女優アニー・ジラルドさんの葬儀を行っていたらしい。中は広くて、礼拝堂も美しい。

しかし、ここ、地震などになったら古いし、大変だよなあと思ったりする。もちろん、日本の震災を知る前のこと。虫が知らせたのだろうか。

まだ現地時間で15時くらいだっただろうか。部屋に戻ってメールでもチェックするか、とパソコンを立ち上げたら、夫がスカイプにつないでいる。あれ?と思ったら、大震災のニュースを知らされる。

え?確かに朝、仙台のほうで大地震があったらしいというニュースを見てから家を出た。でも。そんなに大事になっているの?嘘、何が起こっているの?

にわかに信じられない。想像を超えるような惨状。嘘でしょう?

怖い。動揺する。しかし、夫はとりあえず大丈夫だから、という。彼は電車が通らないので会社に泊まることにしたからという。

家の状態はわからない。コジロウは大丈夫なんだろうか?

両親の無事は夫が確認してくれていた。義父母とは連絡がとれないらしい。

不安で一睡もできないまま、ひたすらニュースを見続けた。心配になって夜中だとわかっていたが、母の携帯に連絡。大丈夫だから心配するなと言われる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
パリ8日目 チーズ&コントラバス 大好き!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる