チーズ&コントラバス 大好き!

アクセスカウンタ

zoom RSS パリ5日目

<<   作成日時 : 2011/03/27 14:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

5日目のフィールドノートより。


この日はランチにチーズツアーでお世話になったフランス在住のKさんと会う約束あり。その前に夏に行きたくて行けなかったBNに行くことにする。

BNとは、国立図書館のこと。
途中でダンナリクエストにより、バスを途中下車して、夏に滞在していたホテルそばのバス停で降り、ダンナがはまっているアニスキャンディを売っているHyper Casinoというスーパーへ。改装したのか、新しくなっている店内。以前と売り場配置が違ったが、飴売り場発見!アニスも発見!重いが6袋も購入。更に夫が気になっているレグリス味の飴も購入。。。レジでおばさんにわーっと何かまくしたてられるが、わからず。わからないと言ったら、あ、そう、だって。

重い飴提げて再びバスへ。図書館の最寄りバス停ではなく、ちょっと遠いバス停で降りて、建物は巨大だからわかるだろうと思ったが、他の建物も高くてよく見えない。
地図で確認しながら歩くと、見えて来た。鉄道の上の落書きいっぱいなちょっと治安悪そうな橋(多分、暗くなったら渡れない)を渡って到着!東口から入るはずだったのに、目の前にある西から入ってしまう。

中でどうしたらよいかよくわからず、ぐるぐる。確か、入場料を取られるはずだよなあと思うが、その窓口が見当たらない。うーん。ぐるぐる。結局、東のほうに行ったら、窓口があった。そこで「今日一日だけ使うのね?本を読むだけね?」と何度も確認されて無事、1日券をゲット。3.3ユーロ。高い。しかし、身分証明書が必要だと言われていたので、パスポート持参していたのに、提示を求められなかった。

中に入ると、ほんとに静か。物音ひとつしない。本は全て製本し直してあって、同じ背表紙。だからなかなかお目当ての本にパッとたどりつけず。ああ、そうそう。検索すればいいのねとネットで検索するも、読みたい本はすべて「地下」にあるという・・・。

そうなんです。ここは、地上と地下にフロアが分かれ、地上は一般エリア。地下は研究者フロアなのです。研究者フロアを使うには、博士課程以上であること、教授の推薦状、そしてどうしてここを使わなければいけないのかなどを聞かれる面接を通過しないといけない。私はそれがわかっていたので、修士である私は使えないよなと最初からあきらめ。地上にもそこそこ本は多いはずと思っていたが、期待はずれ。ポンピドーと同じような所蔵じゃない。研究者フロアに入れる立場にならないとここまでわざわざくる意味はないなあと思う。

1日券を買ったが、ただの見学と内部把握でおしまい。Kさんとの待ち合わせ場所、エドガーキネに急ぐ。バスを乗り継いで行くも、どうも待ち合わせぎりぎりっぽい感じ。モンパルナス駅のほうは混みそうだと、ヴァヴァンで降りて歩く。

無事Kさんと会って、エドガーキネの小さなレストランへ。ここはポーションがどれも小さくてちょうどいいボリューム。結局デザートまでいただくことに。しかし、洋酒がきいていて、私には危険な感じだったので残してしまう。残念。

モンパルナス駅でKさんと別れて、私はPとの待ち合わせ場所を確認してから帰ろうと、歩いてPの勤務先の学校まで行く。そして確認し、バスに乗って帰った。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
パリ5日目 チーズ&コントラバス 大好き!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる