チーズ&コントラバス 大好き!

アクセスカウンタ

zoom RSS 焦りとモヤモヤ

<<   作成日時 : 2011/10/27 10:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今月中に資料データまとめて、来月から執筆開始!に向けて日々頑張っていますが。。。

どうにも、論文で言いたい事、言える事が何か、どこまでできるのか考えてモヤモヤっとしています。
本当に追求したいところ、最終ゴールはあるのですが、さすがにこの修士2年ではそこまで到達できるはずもなく、途中までの経過でわかったところをゴールにしなければいけないのですが。

最終ゴールが自分の中に確固としてあるだけに、小さな発見ひとつひとつが「あ、これ私が言いたいことに使えるかも!」と思われて、ついそちらに引っ張られがち。
すると、とても短絡的にそれについて結論付けをしたくなり、結局修論で書きたいことからズレていったりして、結果「何が言いたいわけ?」になってしまう。

この繰り返しなんです・・・。

あとは間に合わない、間に合わない、こんなんでいいわけ?という焦りでぐちゃぐちゃに。
焦っても仕方ないのだけど。
卒論書いていない私にとって、これが初めての「学術論文」。
どんなペースでどのように書いたらいいのかわからず。

「論文の書き方もねー、人によっていろいろタイプあるのよねえ」と指導教官は言う。

でも。。。私はどのタイプなのか、書いたこともないからわかんないし。

毎日毎日、ひたすらフランスの法律文書みたいなものをひたすら訳してはまとめる日々ですが、そもそも私のこの訳、合ってんの?みたいなことすらわからず。でもそれを確認している暇も術もない。
某先生に相談したら「自分を信じるしかないです。自分の訳で合ってるって!」・・・ほんとに、そんなんでいいわけ?

いいかどうかわかんないけど、それでもそれすら信じてやるしかないのでした。今の私には。

なんでこんなこと始めちゃったかねえ、と昨晩夫に言ってみた。
「さあ・・・でも始めちゃったんだから仕方ないんじゃないの」と夫。
確かに、今更そんなこと言っても仕方ないんだけど。

私にとっては、結構苦しいです。院生生活。研究生活。

一方、就職したくないから、親が働かなくていいって言ったから、とかそういう理由で博士進学を決めている同級生もいて。そんなんでいいのかねえ。。。と思ったりする。
でも、いいのかも。
文科省も、ついに修論書かないで修士を卒業できるようにする、っていう法案まとめたらしいし。もう、修士とか大学院とかって、研究の場、研究をひたすら追求する場じゃなくなっているのかもね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
大変御無沙汰しております。
久しぶりにブログに遊びにきて,この記事(特に最後の3文)読んで驚きました!!!

論文書かないで,院卒業できてしまう!?そんなぁ〜!!日本の教育が徐々に悪くなっていきそうな感じがしました。将来の,というか,今後の日本の教育システムに不安を感じます。
momo
2011/10/29 22:16
momoさん お久しぶりです!遊びに来ていただき、ありがとうございました!

そうなんですよ〜。ほんとに驚き。しかも、修士で卒業する人対象じゃなくて、博士まで行く人対象らしい。ってことは、何?博士論文が初の学術論文になる人もいるってこと?
恐ろし〜。

文科省、何を考えているのかなあ。

ちなみに、修士の卒業要件は、試験を受けるらしい。うーん。どんな試験だったらそんな力はかれるのかな。

どんな方向に進もうとしているのかなあ。
今、大学院に通ってて、大学院って普通に来ちゃう感じになっている(昔の大学進学とほぼ同じ感覚)ように感じるからますます危機感が(汗)
anyako
2011/10/29 23:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
焦りとモヤモヤ チーズ&コントラバス 大好き!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる