チーズ&コントラバス 大好き!

アクセスカウンタ

zoom RSS 熱帯魚騒動

<<   作成日時 : 2012/05/09 14:32   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

熱帯魚を飼い始めました。2週間くらい前のことです。

以前から熱帯魚を飼っていたのだけど、最後の1匹が老衰?で亡くなった後は、水槽はそのままになっていました。
が、また飼いたくなって。

市内の熱帯魚専門のお店に行って、カージナルテトラとグッピーの原種3ペアとコリドラスパンダ3匹を購入。

そして、飼い始めたのですが、実は以前は夫が全部世話をしていまして。
今回は私が飼いたいといいはじめたので、私が面倒を見るということになっています。

最初はよくて。
いきなりグッピーが子ども産んだりして、小さな子がたくさん泳いでいて、楽しかったり。

でも、餌をやっていたら。。夫に「餌、多すぎるんじゃない?残ってるよ」と言われていたので、少しずつ自分では減らしていたつもりだったのに、それでも多くて。

そのうち、グッピーの大きなメスの1匹の体の表面が白く泡立つような表皮になってきたのです。。。
白点病?なんて思って、熱帯魚店に電話して相談してみると、「いやー、うちのは国産だからあまり病気はありえないんですけどねえ。まあ、可能性としては白点病くらいかな?うちに持って来てくれれば判断できますよ。そのときに水も持って来てくれたら酸度とか調べられますから」と言われ。

翌日、夜22時までやってるそのショップに21時頃、出かけました。
連れてくのは大変だから、写真とって、水は持って。

すると。。「あの。。これ、白点病じゃないですね。体が粘膜出して自分で保護しようとしてますね」そして、水を判定してもらうと、店の人が「あの。。。熱帯魚、死んでませんか?たくさん。」「え?いやー、実は1匹、テトラは死にましたけど、子どもグッピー含め、1匹も死んでませんけど」「いや、おかしいですよ。この水じゃ、全部死んでいてもおかしくないです」

判定してもらった結果、水質は最悪に!餌のやり過ぎがいけなかったのです。。
あまりの結果に店の人は再度、検査してみてくれたのですが、やはり同じ結果に。
「いや、おかしいですねえ。とっくに全部死んでいますよ、これじゃ」

ガーン。ま、マジで?

そして「すぐに帰ったら水を全部変えて、底の石を綺麗に洗って、バクテリア多めに入れてください!そうしなければ2、3日でバタバタと全部死にますよ!!」と言われ、また「餌、古くないですか?」と。
確かに、。。古い、です。前の子に使ってたヤツだから。「餌、開封後3ヶ月ですよ」と言われて、慌てて新しい餌もその場で購入。バクテリアも買い足して、帰ってすぐに夫とともに全ての掃除をし、水を入れ替えました。夜遅くまで。(ごめんよ、夫よ)

すると。。。熱帯魚の色も綺麗になり、泡立つような表皮の子も綺麗になって元気になりました!
餌もほんとにすこーししかあげてません。
するとみんな元気いっぱいに泳ぐように!
ごめんよ、熱帯魚さんたち。

しかし、今朝、表皮は変化なかったけど、やや元気がないなあと思っていたグッピーメスが1匹お亡くなりに。。被害者がこれだけに収まればよいのだけど。。

これからは頑張って水質管理して、一生懸命世話します。ほんとにごめん!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
熱帯魚騒動 チーズ&コントラバス 大好き!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる