チーズ&コントラバス 大好き!

アクセスカウンタ

zoom RSS 帰ってきました

<<   作成日時 : 2011/03/22 05:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

19日の昼間、無事に成田に到着しました。

わずか2週間、日本を離れている間に大変な災害が起き、パリで自分の研究に関わる調査などしている場合なんだろうかと思ったり、本当に胸が痛み、悩み、苦しみました。

しかし、幸い、家族、友人、知人とも無事で、こっちは大丈夫だから、せっかく行ったのだから、精一杯頑張って来いというありがたい励ましを受けて、自分なりに最後の日まで一生懸命成果を求めて歩き回りました。

おかげさまで、当初の目標にしていた、フランスでの調査の足がかりとなる人的ネットワークの構築には成功したと思っています。
多くのフランス人の協力を得て、フランスでの高校や準備学級でのフランス語の授業参観や、フランスの先生たち、エリートたちのインタビューも多くさせていただき、拙いフランス語ながら何とかコミュニケーションを確立しました。

フランスでの日本に関する報道は本当に不安を煽るもので、日本はもうダメだ、東京から人々が南に逃げて行くというものばかりで、そういう報道に日々接しているフランス人たちは、私を心配してくれて「お願いだからあと1週間は帰るのを延期して!」と何度も私に懇願しました。

しかし、私はそんなに日本が大変なら、なおさら早く帰りたいと考えていました。
一番大変だったときに、ノンキにもフランスにいて何も役に立たなかった私。だからこそ帰りたいと思いました。

私の決意が固いのを知って、彼らはみんな、「帰ったら様子を教えてね。気をつけてね」と本当に心配しながらも送り出してくれました。

日本の報道を見る限り、(インターネットとスカイプは本当にありがたかった!)被災地の方々の受けた苦しみ、今も受けている苦しみを考えると本当に泣きたくなりましたが、でも人々は冷静だと感じていました。理性を持ってなすべきことを粛々となし、自分のできることをできる限り頑張って行動していると感じていました。それはフランスでの報道との大きな温度差を感じた事でした。

そして日本に帰って来て。成田は出るときと変わらず、東京の町並みは変わらずで、夫も家も変わらず、安心しました。東北の方たちの苦しみが続いているのが苦しいですが・・・。
計画停電やら帰って来て早々の余震やら、スーパーの米の棚や肉の棚が空っぽやら、と変化もあります。が。たいしたことではないです。被災地の苦しみに比べたら、本当に何でもないことです。全く不自由なく暮らせています。

これ以上、被害が広がりませんように。これ以上、苦しみが続きませんように。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おかえりなさいannyakoさん!

annyakoさんがパリから戻ってきたときには、震災で東京もすっかり真っ暗な街になってしまいました。あの日から世の中が変わってしまいました。

ぜひパリのお話聞きたいです。横浜店にお暇があったらよってみてくださいね!
itaru
2011/03/23 20:51
itaruさん

お久しぶりです!ただいま〜!

ほんと、東京は真っ暗でちょっと様変わりしましたね。
電車も暗い、駅のホームもお店も暗い。
昨日からバイトに大学に行っていて、やっぱり変わったなあと実感しました。

でもほんとに被災地の方たちに比べたら、なんて事ないですよね。

もう仕事のほうは慣れましたか?
早くお店に遊びに行ってみたいです!落ち着いたらぜひぜひ遊びに行きますね!!

そういえば、パリでの滞在先の2軒隣がジャック・ルコーのお店で、その隣の隣くらいにアッシュペーの表札が出ていました。パリ事務所ですかね?
anyako
2011/03/25 02:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
帰ってきました チーズ&コントラバス 大好き!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる